こちらに共通ヘッダが追加されます。
展示

企画展示室

ハリス理化学館同志社ギャラリー第31回企画展
同志社大学同志社社史資料センター開設20周年
「同志社の家計簿―同志社のあゆみを支えた財政の記録」
 
  今から150年前、1874年10月9日、同志社の創立者・新島襄は、アメリカのヴァーモント州ラットランドのグレイス教会で開催されたアメリカン・ボードの第65回年次大会で、日本に学校を設立したいと訴えて、約5000ドルの寄付の約束を得たと言われます。同志社最初の財政の記録「同志社出納簿」にこの寄付金が明記されています。ここから同志社の財政の歴史が始まりました。
 財政の歴史は学校の進路選択の歴史と重なります。例えば、政府は開校当初の同志社に対して疑念を抱いていました。最初期の同志社の財政はアメリカからの寄付がその大部分を占めていたからです。キリスト教を徳育の基本とし、外国資本が流入する同志社は、外国の影響力が及ぶ学校として政府の警戒の対象となり、徴兵猶予などの特典を得ることができずにいました。その解決策の1つが収入構造の改革であり、基本金から生じる利子収入の増額でした。これにより、その後、外国資本への依存度が減少し、のちの徴兵猶予の特典付与に繋がっていきます。このように、学校の歴史は、その時々の財政状況に影響され、選択肢に影響を与えます。
 本展では、既に知られている同志社の歴史上の選択や判断を、同志社の財政状況を把握したうえでもう一度考え直す試みです。資金とその資金が作り出す力が、人や団体に及ぼす影響力がどれほどか、同志社の資料を通じて考えていただければ幸いです。

会  期:2024年2月27日(火)~4月21日(日)
会  場:ハリス理化学館同志社ギャラリー2階 企画展示室
    (同志社大学今出川キャンパス)
開室時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休 館 日 :月曜日・祝日

主  催:同志社大学同志社社史資料センター
 
お問合せ:ハリス理化学館同志社ギャラリー 075-251-2716                                                         
チラシは画像をクリックで[PDF]をご覧いただけます。

これまでの企画展

ハリス理化学館同志社ギャラリー(2013-)

第30回(2023)
   
特集写真展(2023)
第29回(2023)
第26回(2022)
第27回(2022)
第28回(2023)
特集展示(2022)
第25回(2022)
特集展示(2022)
特集展示ポスター[PDF]
第22回(2021)
第22回ポスター[PDF]
第23回(2021)
第24回(2022)
第20回(2019)
第21回(2020)
特別展(2020)
第17回(2019)
第18回(2019)
 
第19回(2019)
第14回(2018)
第15回(2018)
第16回(2018)
第11回(2016)
第12回(2017)
第13回(2017)
特別展(2016)
特別展ポスター[PDF 406KB]        
第9回(2016)
第10回(2016)
はじまりの地 
第6回(2015)
第6回ポスター[PDF 3.5MB]           
はじまりの地
第7回(2015)
縄文貝塚研究と酒詰仲男没後50年
ハワイに高知城をたてた男 奥村多喜衛
 
同志社と絵画 
第4回(2014)
第4回ポスター [PDF 819KB]           
同志社と絵画
同志社と文学 
第5回(2014)
第5回ポスター[PDF 300KB]           
同志社と文学
はじまりの地 
特別陳列(2015)
ポスター[PDF 251KB]           
尹東柱没後70年 福岡・京都・東京、遺稿・遺品巡回展
京都の中の同志社―相国寺、朝廷と明治の近代化―
第1回(2013-2014)
京都の中の同志社―相国寺、朝廷と明治の近代化―
第2回(2014)

第3回(2014)
第3回ポスター [PDF 1.2MB]
新島襄の『蓬桑』の志

Neesima Room(1995-2013)

京都の中の同志社―相国寺、朝廷と明治の近代化―
第40回(2011)
第40回ポスター [jpeg 583KB]
京都の中の同志社
相国寺、朝廷と明治の近代化

第41回(2012)
第41回ポスター [jpeg 583KB]
同志社スポーツ 若草萌えて
 
第42回(2013)
会津と八重 八重を育てた故郷
 

第37回(2010)
目的の大なる人物を
創設期の学生たち

 
第38回(2010-2011)
幕末と同志社
薩摩藩邸址にあって
 

第39回(2011)
まかれた種
神戸女学院と同志社
 

第34回(2008-2009)
早稲田と同志社
-創立者の想いと交流から
 

第35回(2009)
同志社の表徴
エンブレムとデザイン
 

第36回(2009-2010)
第36回ポスター [jpeg 563KB]
新島八重の生涯 -進取と矜持
 
 

第31回(2007)
同志社と戦争 1930-1945

第32回(2007-2008)
大正デモクラシー期の同志社

第33回(2008)
よみがえるクラーク記念館

第30回(2006-2007)
戦後の同志社 1946~1986

第28回(2005-2006)
新島襄と同志社
 

第29回(2006)
躍動する同志社 -京田辺開校20年-
 

第26回(2004-2005)
徳富蘇峰と熊本バンド
 
 
 

第27回(2005)
同志社とアーモスト

第24回(2003-2004)
若王子に眠る人びと -同志社墓地-

第25回(2004)
函館からボストンへ

第22回(2002-2003)
『同志社山脈』の世界

第23回(2003)
遺品から見る新島襄

第19回(2001)
同志社の肖像画

第20回(2001-2002)
同志社と女子教育

第21回(2002)
同志社百景 -風景画で見る120年-

第16回(2000)
新島襄・同志社ゆかりの碑

第17回(2000)
「同志社125年のあゆみ」展

第18回(2001)
『現代語で読む新島襄』の世界展

第13回(1999)
明治期の同志社

第14回(1999)
新島襄と関西

第15回(1999-2000)
熊本バンドの人たち

第10回(1998)
新島襄のキリスト教伝道

第11回(1998)
新島襄の書と絵

第12回(1998-1999)
新島襄に送られた手紙

第7回(1997)
新島襄のアメリカ時代

第8回(1997)
新島襄の大学設立への挑戦

第9回(1997-1998)
新島襄と徳富蘇峰

第4回(1996)
新島襄の日本と世界
 

第5回(1996)
新島襄の遺志を継いだ人たち
 

第6回(1996-1997)
新島襄の少年時代 -脱国まで-

第1回(1995)

第2回(1995)
手紙で見る新島襄の生涯

第3回(1995-1996)
同志社の開校と京都