こちらに共通ヘッダが追加されます。

ハリス理化学館同志社ギャラリーの公開について(2020年9月1日(火)~予定)

新型コロナウイルス感染症予防のためのお願い
ハリス理化学館同志社ギャラリーは、ご来館される皆様ならびにスタッフの健康と安全に配慮し、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、皆様に「ご来館前に」「ご入館に際して」「館内にて」の感染対策の遵守をお願いしております。ご来館前に下のPDFに記載されている感染対策をご確認のうえご来館ください。
 
特別陳列【同志社の今】
 特別展示【企画展示室】
クラマ画会秋の学内展「秋立つ」
 クラマ画会では、定例会といった普段の活動で、部員各自が表現力と技術力の向上に取り組んでいます。そんな私たちにとって、例年4〜5回開催される展覧会は、学内外の方々に今の取り組みを知ってもらう機会であり、また、部員が普段の活動成果を発揮し、作品を共有して意識を高め合う発表の場となっております。
 本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により展覧会開催が難しく、今回の「秋の学内展」が本年度クラマ画会初の展覧会となりました。
 コロナ禍という逆境の中、クラマ画会部員たちが描いてきた上半期の活動成果、そして、テーマの「秋立つ」にあるように、「秋」から再び立ち上がっていく私たちの作品をどうかご鑑賞ください。そして、この展覧会が、クラマ画会というサークルを更に多くの方に知っていただく良い機会となることを期待しております。
 
(   2020年
  2020年
 )
  11月4日(水)~
 11月29日(日)


 

画像をクリックすると[PDF]をご覧いただけます。

「同志社の145年-そのとき、学生たちは何を想ったのか-」
  2020年、同志社は創立145年を迎えます。一方で私たちは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止につとめながらの活動を求められています。いま、こうした状況の中ですが、在校生はもとより、同志社に新しく入学された新入生に資料を通じて同志社を身近に感じていただきたく、特別展を企画いたしました。これまでの145年の同志社の歴史を、学生の姿や同志社で愛されてきたものを通じてたどります。
 
(   2020年
  2020年
 )
  9月23日(水)~
 12月1日(火)

 画像をクリックすると[PDF]をご覧いただけます。

新着ニュース