こちらに共通ヘッダが追加されます。
 

企画展示室

 常設展示室
【近日公開】
第18回企画展
「新島家と安中藩―安中古文書学習協議会の翻刻成果の公開―
 新島家と安中藩の関係を象徴する人物の一人が新島公義(1861-1924)です。公義は安中藩士植栗義達の次男として生まれ、1871年(明治4)、新島襄の実弟・雙六の養子となり、その後新島家の家督を継ぎました。同志社社史資料センターでは2016年(平成28)1月に公義宛の書簡など852点を購入し、同年12月には第11回企画展でこのうち12点の書簡を公開しました。
 その後、2018年(平成30)、群馬県安古文書学習協議会から提案があり、新島公義宛書簡の継続調査が進むことになりました。協議会は書状112点を対象として書状の翻刻作業を進め、その成果のうち24通を安中市民展第15回「私たちの郷土古文書読解展」で出陳しました。その成果を本展で共有します。
 加えて、同志社社史資料センター所蔵資料から、新島家と安中藩の関係を示す資料を展示します。
 
(   2019年
 2019年
 )
  4月9日~
 6月9日

 

チラシは画像をクリックすると[PDF]をご覧いただけます。

【近日公開】
特別陳列
「同志社大学美術部クラマ画会春の学内展『風光る』 」
 各地から花便りの聞こえてくるころとなりました。
 今年の春の学内展のテーマである「風光る」は春の日の光が照る中を、そよ風が吹き渡る、という爽やかな春の様子を表す言葉です。クラマ画会の部員による、春の訪れを表現した作品を通して、ご来場の皆様に季節の巡りを感じていただければ幸いです。
( 2019年
2019年
)
4月2日~
4月21日

 

 

新着ニュース