こちらに共通ヘッダが追加されます。
新着情報一覧

【11/10-1/14】国際コンペティション「21世紀の茶室」入選作品展

2016年10月31日
 同志社大学京都と茶文化研究センターは、校租・新島襄の妻・八重が、明治期、女性に茶を広めた歴史的背景をいかし、京都の行政、茶に関わる産業、メディアなど、産学官の積極的な連携を図りながら、京都から日本の茶文化を発信するべく、活動を続けてまいりました。
 このたび、その節目となる企画といたしまして、京都を発祥の地とする「立礼(りゅうれい)」のための茶室デザインの国際コンペティション「21世紀の茶室」を実施いたしましたところ、国内外から多数の斬新な作品がよせられ、このたび、そのうちの入選作20点を展示するはこびとなりました。
会期中の12月10日(土)には、上位6作品の順位を決定するプレゼンテーションと公開審査を実施し、2017年には東京展も開催いたします。
 本展を通じて、グローバル化する京都のおもてなし文化の、伝統と革新を融合した新たな可能性を、日本の茶文化を通じて感じていただければ幸いでございます。
 
開催日:2016年11月10日(木)~2017年1月14日(土)
閉館日:月曜日、祝日、12月4日(日)、25日(日)、12月29日(木)~1月5日(木)、1月8日(日)
開館時間:10:00 ~17:00(最終入館16:30まで)
場 所:同志社大学 今出川キャンパス内 
    ハリス理化学館同志社ギャラリー常設展示室『同志社の今』
主 催:同志社大学 京都と茶文化研究センター
 
 【入場無料、事前申込不要】