こちらに共通ヘッダが追加されます。
 

企画展示室

常設展示室『同志社の今』

第14回企画展
「同志社社史資料センター 2017年度新収蔵品展」
 同志社社史資料センターは、創立者新島襄ならびに同志社関連資料の収集、整理、保存及び公開業務を行っています。本展では、2017(平成29)年度の資料業務の成果の中から、第14代同志社総長・住谷悦治の叔父で明治時代から昭和時代にかけて群馬県で活動した牧師・住谷天来(1869-1944)関係資料、同志社神学校出身の牧師・高橋正道(1870-1942)および同志社の初期の教員Otis Cary(1851-1932)関係資料、本学の学生寮関連資料、そして、1936(昭和11)年設立のFRIEND PEACE  HOUSE(同志社布哇寮)関係資料を紹介します。
( 2018年 2018年 )
 3月13日  4月28日

 

チラシは画像をクリックすると[PDF]をご覧いただけます。

特別陳列
同志社大学美術部クラマ画会 春の学内展『桜花爛漫』
 今回の春の学内展では、「桜花爛漫」とテーマを設定しました。春は、植物が生命力をみなぎらせ、芽吹く華やかな季節です。また、新たな生活と出会いに期待が膨らむ季節でもあります。美しい桜があふれんばかりに咲き誇る様を表す「桜花爛漫」という言葉に、クラマ画会の部員は、新生活への期待や夢の花を咲かせようする様子を投影し、作品を完成させました。作品を通じて、新しい春への期待を多くの方と共有できれば幸いです。
( 2018年 2018年 )
4月3日
4月28日

チラシは画像をクリックすると[PDF]をご覧いただけます。

 

新着ニュース